ツイート

言葉や文化の異なる人々と共に生きて、協力しながら未来を作っていくことが求められる現代、「日韓ブラストビート・プロジェクト」を通じて日韓の大学生たちが学び経験したことを追体験し、全ての人が日々の挑戦に生かせるような「交流と学びの場」としてシンポジウムを開催。「個人が主体的に生きる」ことこそ社会を変える原動力になりうるというテーマについて登壇者の知見をシェアするのみならず、聴衆一人一人がグローバルな舞台で主体的に生き生きと活躍するためにはどうしたらよいか、自分自身のアクションプランにまで落とし込んで持ち帰ってもらえればと考えています。

日韓ブラストビート・プロジェクト 成果報告シンポジウム
「日韓新ビジョン:変わる、ジブン。変える、ヨノナカ。」

■日時:2011年9月5日(月)19:00~
■会場:国際交流基金 2F ホールさくら
 (〒160-0004 東京都新宿区四谷4-4-1)

国際交流基金HP
http://www.jpf.go.jp/j/culture/new/1012/12-01.html
関東経済産業局電子広報誌「いっとじゅっけん」の紹介記事
http://www.kanto.meti.go.jp/webmag/series/changemind/1107change.htm

プログラム

  • 開会の辞
  • 基調講演1 「これからの日本に必要なグローバル人材の育成」
    モンテ・カセム(立命館副総長、前・立命館アジア太平洋大学学長)
  • 基調講演2 「グローバル企業での挑戦と成長」
    瀬川秀樹(株式会社リコー総合経営企画室新規事業開発センター副所長)
  • 日韓ブラストビート・プロジェクト ドキュメンタリー映像上映 

休憩(10分)

  • 日韓ブラストビート・プロジェクト報告
    松浦貴昌(NPO法人ブラストビート代表理事)、リュ・ヒョボン(ノリダン共同代表)
  • ディスカッション
    • テーマ1「異文化コミュニケーション」
    • テーマ2「今後の社会、自分のチャレンジ」
    • モデレーター 権修珍(トヨタ財団プログラムオフィサー)
      パネリスト モンテ・カセム、瀬川秀樹、松浦貴昌、リュ・ヒョボン

  • 閉会の辞
  • *プログラム内容やテーマは当日変更の可能性があります。

登壇者プロフィール

モンテ・カセム

モンテ・カセム
学校法人立命館 副総長(国際担当)
1970年、スリランカ大学建築学科卒業。1972年に来日し、横浜国立大学大学院、東京大学大学院の工学系研究科で学ぶ。大学院時代から三井建設設計部、AUR都市建築コンサルタント(地域開発計画)に従事し、1985年には国際連合地域開発センター主任研究員に着任。1994年より立命館大学国際関係学部教授、同政策科学部教授を歴任し、2004年から2009年まで立命館アジア太平洋大学学長を務める。

瀬川 秀樹 (せがわ ひでき)

瀬川 秀樹 (せがわ ひでき)
株式会社 リコー 総合経営企画室新規事業開発センター副所長。
多くの新規事業の育成で多忙な毎日を送っている。長いサラリーマン生活の中で、光ディスクの技術者、シリコンバレーでの投資活動や新規事業の立ち上げ・撤退、様々な技術・事業企画をやってきた。近年はBOPビジネスへのチャレンジも開始。幼い頃からマンガが好きで、今も4コママンガを描き続けている。神戸出身。

権 修珍(Kwon Sujin)

権 修珍(Kwon Sujin)
トヨタ財団プログラムオフィサー
1993年来日。立命館大学大学院の政策科学研究科で学ぶ。学生時代は、沖縄の紅型(染色)をとりあげ、文化財の持続可能なデジタルアーカイブについて研究。2006年より現職。アジアの抱える課題解決に取り組むプロジェクトを支援する「アジア隣人プログラム」を担当。日本で暮らす外国人の声をネット上で世界中に発信していくことを目的とし、立ち上げられたプロジェクトである「Global Voices from Japan」の実行委員として参加している。

松浦 貴昌(まつうら たかまさ)

松浦 貴昌(まつうら たかまさ)
NPOブラストビート代表理事。落ちこぼれのいじめられっ子から16歳でバンドに目覚め、全国ツアーやDVD・CDリリース経験し、26歳の時、家庭の事情でビジネスの世界に転身(経験職種は30以上)。大前研一のアタッカーズビジネススクールを受講し、バンド脱退して14ヶ月間後に、マーケティング会社「(株)フィールビート」を起業。その傍らでカンボジアやフィリピンで国際協力活動を始める。2009年8月に日本でNPOブラストビートを立ち上げ、代表として活動中。

リュ・ヒョボン( YOO Hyobong )

リュ・ヒョボン( YOO Hyobong )
韓国の社会的企業noridan共同代表/COO。
音楽文化やライフスタイル雑誌の編集長等を歴任するとともに、海外のポップマーケティング、オンライン音楽サービスコンテンツ開発等の業務を担当。2008年2月、noridanが株式会社/社会的企業になった直後に入社。「新たな挑戦!生き方の革新! 世界のより多くの人々とより意味のある仕事を作っていく!」という目標と誓いを日々新たにしながら、経営とマーケティング、BMD(ビジネスモデル開発)業務を続けている。

■会場へのアクセス


大きな地図で見る